中村酒造場

  • item_off
  • item_off
  • about_off
  • intro_off
  • master_off
  • item_off
  • item_off

中村酒造場とは

明治21年創業

中村酒造場は、鹿児島県霧島市にある国分平野と呼ばれる田園地帯にあり、1888年から今日まで続いています。

守り続ける伝統、変わらぬ味、変わらぬ想い

当蔵では、「人の手」「人の技」に重きを置き、昔ながらの焼酎造りをしています。
焼酎造りの“命”とも言うべき麹造りを、九州でも三蔵しかないといわれる石造りの麹室にて行い、すべての銘柄を純手造りの製法により仕込んでいます。

m_3

石造りの麹室やそこで行われる手造りの麹、1本1本規格の違う和甕や石造りの冷却槽。
当蔵では、昔ながらの道具で、昔ながらの造りをしています。
そうすることにより、当蔵独特の優しい味わいになるんです。

m_4

今風の機械を使って、大量生産し、一般的な味を造るのも一つの方法です。その製法を私たちは否定しません。
でも、私たちがそれをしてしまったら“とりえ”がなくなってしまいます。
飲んだ人に「なるほど」と思われる焼酎を、じっくりと造っていきたいと思っています。

中村酒造場 作業風景動画